寂しいら出会い系サイトとしてしまう女性も多い!?

出会い系サイトといえば、かつては淑女団員を集めることに苦労し、悪質なページでは「サクラ」と呼ばれる、団員に扮したパートが横行するなど、からきし良いイメージではありませんでした。そのため、紳士団員の脱会が後を絶たず、閉鎖に追い込まれた出会い系サイトも数多くありました。
一方で、女性も出会い系サイトに興味のあるお客様は数多く、潜在的な市場は存在していたものの、騙されるのではないか、爆笑男性につきまとわれないかといった心労が先行し、市場が拡大受けることはありませんでした。
このような事態を図る結果、出会い系サイトのハウスキーパーはクリーンな監視を徹底することに一心不乱し、サクラや悪質な社を徹底的に排除しました。また、最大手の出席や、法改編により新規に加盟する場合は、年代確認が義務付けられたことから、クリーンな連想が定着し、今では男女の触れ合いの土俵として、多くの男女が利用する知り合いページに生まれ変わったのです。
とにかく淑女団員の伸び率は顕著で、以前は総団員総量に対する淑女の割合は3割程度でしたが、現在はほとんどのページで4割を超えており、一部には半数に達しているページもあります。
こういった淑女の多くは、寂しさを紛らわせるために、本気で彼氏を探していますが、中には亭主や彼氏がいるのに利用している人も少なくありません。彼女たちの実行きっかけも、亭主や彼氏が構ってくれないなどで、寂しさを紛らわせるといった点では同じです。
最近では、紳士よりも女性の方が色恋は積極的だと言われています。そこには、男性が色恋に対して関心を失いつつある公算も大きく影響しています。出会い系サイトに対する、潜在的な淑女の市場は依然として大きいと予想されていますが、紳士の色恋別れが続くと、もっとさびしい女性が利用することが想定されます。やはり、紳士にとっては、淑女団員が増えることは、ページの活性化にもつながり、非常に有難い現状です。人妻はどうやって欲求不満を解消しているのか